2017/11

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< >>

 

普段FOVEON機で撮影する時は、dpQを三脚に乗せてタイマーレリーズを使っている。手ブレ防止のためである。三脚を使ってもレリーズボタンを押すとその振動でブレてしまう。とはいえ毎回撮影ボタンを押して10秒待つのはあまりに儀式じみているような気もする。おまけに押したときに簡易三脚がたわむのであんまり防止にならないことも多い。これを解決するにはケーブルレリーズを使うべきだ。ということで、SIGMA ケーブルレリーズ CR-31を購入した。というか、すでに購入していたのだが、これを使うと接続部の端子が丸出しになってしまう(SDカード挿入口が一緒になっているラバー製のカバー部)。それがどうも嫌で使用を躊躇していた。やっとこ覚悟を決めて運用してみたが、なかなかいい感じだ。これはあったほうが良い気がする。

 

 

あったほうがいい理由は、10秒待つ必要がないこと。逆に欠点としては、10秒待つことができなくなることか。ボタンを押して、息を止めながら待ってる間にいろいろ考えることがあるんだなと思った。それでもメリットのほうが多いか。

 

 

ケーブルレリーズの画像を普通に張る方法がわからなかったのでアフィリエイトリンクになってしまっているが、無視してください。


comment