2018/10

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

 

・差別化

PENTAX Qシリーズは(最大で)1/1.7型センサーのレンズ交換型カメラで、1型のnikon1や、マイクロフォーサーズはおろか、レンズ一体型のコンデジやスマートフォンまで、すべてのカメラが比較対象に入ってくる、極めて微妙な立ち位置にあるシステムだ。広角から望遠まで、単焦点も含めて小型のレンズで幅広く対応できることはPENTAX Qシステムのメリットなのだが、比較対象として28-300mmを全域F2.8でカバーするstylus1、よりセンサーサイズの大きいRX100M6の存在や、はるかに高感度耐性で勝るマイクロフォーサーズの存在、そしてより軽量コンパクトな高画質を売りにするスマホ群を考慮すると、これらを押しのけて積極的にPENTAX Qを肯定するのは難しい。

 

明らかに差別化点となりうるのは

 …狭角レンズ(17.5mm〜)を使用できる最小のフォーマットであること。

 EX-100等の高級コンデジより軽いこと(本体200グラム+レンズが70グラム程度)

 スマホと違い、物理ダイヤルが存在すること。

 ぅ侫.鵐ションから連射・インターバル撮影に直接アクセスできること。

,とくに重要で、このサイズ(270グラム程度)のカメラで魚眼でない低歪曲超広角レンズを搭載しているカメラは、他にない(超広角レンズを装着済でnikon1が320g前後、マイクロフォーサーズは最小でも355g前後。アクションカムは激しく歪曲する)。PENTAX Q 08 Wide Zoomは軽さと画質の面で他に代替が効かず、ずば抜けて優秀だ。一方で、Qの他のズームや単焦点、トイレンズには、これといって他のフォーマットより有利な点は見当たらない。

 

 〇もし標準+望遠ズームのみを使用するならば、レンズ交換が不要で全域で高画質なstylus1(あるいは同じ光学系のカシオEX-100)を勧める。センサーが数倍大きいRX100M6もほとんどの焦点距離で画質的にQより有利で、軽く、しかもレンズは沈胴する。

 

 〇単焦点を用いて標準域の高画質や明るさを求めるなら、マイクロフォーサーズのほうがすべての面で良い。高感度もボケ量も倍以上の余裕がある。オリンパスのEP-Lシリーズの型落ちなら安くて手ブレ補正も効くし、より軽さを求めるならLUMIX DMC-GM1でも良い。

 

 〇広角スナップが目的なら、軽く、明るく、画素数が2倍で、センサーサイズが大きいXF10を推奨する。

 

したがって、これらを考慮すると、PENTAX Qシリーズの存在を肯定するには08 Wide zoomが絶対に必要だ。軽い+超広角レンズがQにとって唯一無二のアイデンティティである。もし、あなたが「おれはペンタックスのカメラを使っている」という満足感以外に、このカメラを使う合理的な動機が必要なら、08レンズを買うべきだ。

 

 

・バッテリーライフ

公称値はバッテリー1個で250枚だ。ネットでのレビューを見ると実質的なバッテリーライフは100枚〜150枚程度と書かれているが、ラージなフォーマットと違ってAFに使う電力もデータ保存に使う電力も、Qはより小さくて済む。実際Qはほとんどをフィルターと補正加工にその電力を使用しているようで、それらを全部切れば撮影可能枚数は劇的に増加する。デジタルフィルター切、記録設定RAWのみ、ディストーション補正なし、クイックビューオフ設定で1286枚撮影できた。

 

バッテリーライフを伸ばしたいなら、各種補正とフィルター設定は切るべきだ。ハードモノクロームは興味深い機能だが、現像で再現可能である。もしパソコンを持っているなら、jpegは使用せずRAWのみで撮影し、ライトルームを導入して、フィルターや補正類はそちらに任せることを推奨する。

 

 

 

・画質

前回の記事でQ7が、条件さえそろえばフルサイズと同等(というのは明らかに言いすぎだが、インターネット鑑賞では判断不可能なレベル)の画質があることを示した。とはいえ、Qのノイズは基準感度においても、はっきり言ってかなり多いし、画素数が少ないため明瞭度を高めた時の違和感も強い。等倍に拡大して見るような用途には向かない。一方で基準感度におけるダイナミックレンジや色再現は非常に優れており、全体を見た時の印象をより重視したチューニングを施しているように思える。とりあえず、この記事で使用している画像はすべてQ7で撮影したものなので、それである程度は判断できると思う。個人的には満足だ。

 

画質面でQに対する否定的なレビューは多く、いまやスマートフォンに劣るとまで言われているが、それは誤りだ。きちんとした手順で撮影し現像すれば(1型センサーやマイクロフォーサーズと同様に)よりラージなフォーマットに匹敵する絵を得られる。だが適当に撮ると適当な絵しか出てこないのも事実である。最新のスマホのように光量を察知して勝手にHDR撮影して画像処理してくれたり、ポートレートモードでボケを上手にコントロールしてくれる機能もない。暗所でAIがそれらしく増感処理と塗り絵をしてくれるわけでもない。もし、あなたがQでまともな画質を得ようとするなら

 〇常にISO100で撮るべきである(必要なら三脚を使う)

 〇長時間露光の際は電子シャッターを使用するべきである

 〇RAWで撮影し現像するべきである

Qはその見た目に反して、かなりハードボイルドなカメラだ。カメラの基本に沿って、ちゃんと撮ることが必要だが、そうすれば一定以上の絵は出してくれるし、雑にやると下手なことはすぐバレる。コンパクトカメラに比べると作り込んであり、「ちゃんと撮影をする」こと自体はとても楽にできるので、そういう意味では理にかなっている。もっとも高感度はどうやってもダメだ。感度が必要なシーンになったら、そっとQを鞄にしまって、より大きなカメラを使うべきだろう(といっても大きいカメラを持ってるなら最初からそっちを使うだろうが)

 

余談だが、このフォーマットだと換算焦点距離を伸ばしやすいので、望遠レンズを使いたい衝動にかられるが、小さいセンサーで望遠撮影をしても、基本的にろくなことにはならない。超望遠で撮るのは鳥や、飛行機や、車や、とにかく動くものばかりで、そうなるとシャッタースピードをあげねばならず、ISO感度は跳ね上がってしまう。横着せずもっと大きいカメラを使った方がいい。また月面を取りたいのならQよりもCOOLPIX P1000という専用カメラがあるのでそっちを使うほうが楽だろう。

 

 

 

・使い勝手

コンデジと違い「小型ゆえにオミットされた」機能は、Qではほとんどない。基本的な機能はすべて押さえられており、長時間露光も連射もできる。また電子シャッターを有しており無音撮影が可能だ。EX-100は画質面でとても満足していたが、UIは最悪だった。Qはその点では勝る。

 

単体でRAWのインターバル撮影が可能で、超広角レンズが使えて、撮影画像を確認できて、300グラムを切るのはPENTAX Qシステムだけである。RX100に超広角用のワイコンをつけるのは軽さを相殺してしまいあまりに物悲しいし、画角を妥協してRX0を使おうとしたら、なぜかこいつはインターバル撮影ができなかった(どうしてソニーはPlayMemories Camera Appsの互換をわざわざ切った? まったく理解に苦しむ)。色々調べてカシオの超広角コンデジを見つけたが、広角端でraw保存ができない。たぶんjpegでは自撮り用の顔が歪まない補正がかけられないせいだろう。自撮りする人がわざわざrawで保存して、歪曲なんか気にするとは思えない。カシオの考えることは謎である。

 

Qは軽いので、3メートルの自撮り棒につけてインターバル撮影をすれば、ドローン撮影の真似事ができる。残念ながらwifiはついていないので遠隔操作もモニター確認もできないが、レンズスタイルカメラと比べるとバッテリーライフは圧倒的だし、スマホもいらない。いっぽうでアクションカムに特有の魚眼的な歪曲もないので、画像素材として過不足なく素晴らしい。

 

 

 

・PENTAX Qシリーズは買いか?

あなたが以下の条件に当てはまるならば、買っても良いだろう。

 〇小さなカメラを求めていて、マイクロフォーサーズではまだ大き過ぎると考えている。

 〇コンパクトカメラでは、自分の要件を満たさない(画角、機能など)

 〇低感度での撮影やRAW現像をいとわない。

常々思うのだが、サブシステムにマイクロフォーサーズは大きいと思う。どれだけ軽量なものを選んでもレンズが飛び出ている以上コンデジよりは嵩張るわけで、フルサイズにプラスしてMFT丸ごとのシステムを持って行くのは大変だ。かといってコンパクトカメラでは焦点距離やRAWでの撮影能力に不満がある。そんなときQシステムはあなたに最適だ。

 

QシリーズにはQ、Q10、Q7、Q-S1があるが、Q7とQ-S1はセンサーサイズがほんのわずかに大きく、換算焦点距離は短くなる。08WideZoomを使うのならこの2つのどちらかが良いだろう。

 

 

 

・結局、リコーはQをどうするべきだったのか。

カメラレビューのブログを見ていると、PENTAX Qシステムに限界を感じ、カメラをより大きなものにアップデートする、と宣言した人を多く見る。高感度性能は終わっているフォーマットなので、そういう用途が必要なら買い換えるしかない。ただ、彼らがQから移動するのは同社のPENTAX KPとかK-1ではなくて、決まってオリンパスやソニーや富士フイルムのミラーレスなのである。そりゃそうだ。Qでカメラの面白さを知って、もっといいカメラが欲しいと思ったとき、買うのは当然ミラーレスになる。しかも、Qシステムは安いので、マウントを変えるのにも躊躇がいらない。いってみれば、リコーは利ザヤの小さいQシステムでユーザーの門戸を広げて、より利益率の高い製品は他社のものを買わせるという慈善事業をしていることになる。これではQは続かない。

 

 

Qシステムは、個人的には完成されたシステムだと思う。確かに状況によっては厳しい面もあるが、F1.4未満の大口径レンズなどが拡張されれば、暗い場所での撮影など大部分はカバーされるし、08の高画質を見るに、システム自体に欠陥があるとは思えない。

 

Qが終わってしまったのは「Qからステップアップの受け皿がリコーになかった」ただそれに尽きる。つまり、リコーはフルサイズミラーレスシステムを作るべきだ。リコーが次にとるべき行動はLマウントアライアンスへの参加である! そして、Qマウントカメラの復活だ。それが僕の望むことすべてだ。(そうしてほしいけど、まあたぶん、やんないと思うが…)

 


comment